生き物エッセイ

イノシシ と ヒト

西都市には、3世紀末から7世紀にかけて多数の古墳が築造されています。そんな縁もあり、宮崎県立西都原考古博物館があります。2021年10月より、国際交流展「イノシシと人間 ~身近な“野生”との交渉史~」が開催されています。 イノシシ科...
キリン研究

キリンの角は3本?それとも5本?

キリンには、牛は鹿のように角があります。牛や鹿の角は頭蓋骨の一部が突起状に伸びてきてその角を形成します。鹿の角は骨がそのまま露出し、牛の角は骨の上にケラチンでできたカバーがそれを覆います。キリンの場合は、少し異なります。 キリンの角...
生き物エッセイ

「森林病害虫」マイマイガのサナギが羽化

自宅に植えているブルーベリー(ラビットアイ)の収穫をしていると、葉っぱに隠れて黒い変なものがぶら下がっています。周囲の葉を避けて、よく観察するとなにかのサナギのようです。枝をカットして自宅に持ち帰ります。 サナギの観察 木陰で...
動物観察日記

カラス ~最も身近な動物~

好きか嫌いかはともかく、日本において一番よく出会う動物の一つにカラスが挙げられます。分類は、鳥類スズメ目カラス科全般を示します。カラス科にはいくつかの属を含み、一般的な認識ではその中のカラス属をカラスと呼びます。 カラス科カラス属 ...
動物観察日記

百獣の王 ライオン

子供たちに「動物園で一番好きな動物は?」と質問すると「ライオン!」と答える子供が多いです。パンダ、ゾウ、キリンと並んで常に上位にランクインします。オスがたてがみを揺らしながら優雅に歩く姿は惚れ惚れします。 ライオンはヒョウ属 ...
動物観察日記

雨の日の宮崎市フェニックス自然動物園

雨の日には、動物達は何をしているのか?と疑問に思っていました。2021年4月3日は朝から雨です。雨の日はヒトにとっては、外出したくない気分になりますが、意を決して動物園に向かいます! 人出はほとんどありません 予測はしておりま...
キリン研究

キリンの体型と末梢神経

キリンは大型動物で身長は4m以上になりますし、首の長さは2m以上と長いです。しかしながら、胴の長さは2m以内で高さに比べるとかなり短いです。なぜ、このような体格になったのかを考えました。 胴長が短いメリット 身長が高い、頭の位...
キリン研究

キリンの眼:瞳孔は横長、視力は抜群、視野は?

キリンはどれくらいの視力を持つのでしょうか。一説には数キロメートル先の仲間、もしくは天敵を見つけることができるとされていますが、どれくらいの視力で、どれくらいの視野なのかという研究は少数のみです。 瞳孔の形は横長 瞳孔の形は、...
生き物エッセイ

水墨画 ~サバンナのキリン~

2021年に入ってから新たな趣味に挑戦しています。水墨画です。通信教育のユーキャンに申し込み、目下のところ「椿」「朝顔」「欄」「竹」と週1時間のみの練習ですが、継続しています。課題以外にも挑戦したくなり、キリンの水墨画にトライしてみました...
キリン研究

キリンのネッキング ~オス同士の戦い~

キリンの首の長い意味の一つに、オス同士が子孫を残すために戦うときがありますが、そのときに首が長い方が有利だとする説があります。オス同士の戦いはネッキング(necking behavior)と呼ばれ、英語サイトではいくつか動画がupされてい...
PAGE TOP