水墨画 ~サバンナのキリン~

動物エッセイ

2021年に入ってから新たな趣味に挑戦しています。水墨画です。通信教育のユーキャンに申し込み、目下のところ「椿」「朝顔」「欄」「竹」と週1時間のみの練習ですが、継続しています。課題以外にも挑戦したくなり、キリンの水墨画にトライしてみました。

2021年2月の作品「キリン」

元々絵心のない私がほぼ初めて水墨画を書いた数作目のものです。我ながら「作品」と言うことさえちょっとおこがましい感じがします。

反省点はたくさんありますが、before & afterのbeforeと思ってください

サバンナにいるキリンが、樹の葉を食べようとしているシーンです。キリンの模様が真っ黒になってしまい、この動物がキリンなのかさえよくわからない画になってしまいました。

細い筆であっても、細かい部分の表現がなかなか難しいです。

2021年3月の作品「キリン」

ほんの少しだけ調墨に慣れました。再度同じイメージに挑戦します。

ユーキャンの添削課題のコメントに「スピードをつけないとにじむ」との記載があり、細かい表現のときにはある程度スピードをつけて描くようにしています。

背景に関しては、youtubeにぼやかす表現の解説があり参考にしました。近いところをやや濃くと遠いところをやや薄くと濃淡を工夫してみました。

まだafterとは言えない段階・・・ ⇒途中経過です

キリンの模様はなんとかつけることができました。いわれればキリンですね、とは言ってもらえそうです。地面と空の濃さ、地平線をわかりやすくしたことが改善点です。

ただ、空がサバンナの空を全く表現できていません。この辺りはユーキャンの課題にもありませんので、少しずつ自分で解決してみようと思います。

2021年4月の作品「キリン」

週1時間の練習でも少しずつうまくなっていると思いたい自分がいます。

キリンの絵も3作目になりました。

土地の描き方が少しだけ上達したように感じます

空が快晴のイメージにはなりませんが、雰囲気は出せたような気がしています。娘には、「キリンの脚がようやくリアルになってきた」と褒められました!

Follow me!

PAGE TOP